技術部

入社年度 :2015年
趣味   :ドライブ
好きな言葉:急がば回れ
夢や目標 :カウンタックLP500Sを所持する

◯TSBへの入社経緯・・・

私は、中途として、転職してきました。新卒での就職は、技術者派遣の会社。正社員として雇用されましたが、実際は、クライアント先へ出向いてのお仕事。メーカーに入って、ひとつの商品を突き詰めるよりも、幅広い仕事に携わりたいと思ってのチョイスです。その後、コネクターの設計をしている会社を経由して、現在のTSB技術本部で仕事をすることになりました。

◯技術本部の仕事って・・・

例えば、お客さまと営業部門が話し会ってきた内容が本当に実現可能なのか、どうしたら実現できるのかを検証したり、実際にモノ造りを担当する工場との打合せを行ったり、その他にも出来上がった製品の確認やもっとよいモノ造りを可能にするためのアドバイスなど。幅広い仕事に関して、第1~第4事業部全ての技術の柱として会社を支える仕事なのです。

◯日々のチャレンジとは・・・

お客さまからのリクエストに応えられるものを探し出し最適なものを提案する。なかなか難しい仕事なのかもしれません。しかし私たちは、世の中に無いものも開発して作ります。もちろん、“無いもの”とは「空気の代わりになる新しい気体」とかではありませんが、今そのままでは、リクエストに応えられない状況を応えられる状況に変えてく。日々、難しくもやりごたえのあるチャレンジをしています。

◯一人前への道・・・

文系理系は問いません。しかし、機械が好き。機械の勉強が苦にならないような人の方が、成長が早いのではないかと感じます。入社した後は、じっくり勉強の時間がありますし、打合せへの同行も現場のイメージをつかむためには効果的な経験が積めます。一人前という言葉のレベルをどの程度に設定するかにもよりますが、一年もあれば、先輩のフォローがあれば、一人で現場との仕事ができるようになります。

◯TSBに合わない人がいるとすれば・・・

海外へ、比較的突然と思えるような出張があります。例えば、明後日から1週間、中国へ・・・のように。また、海外ですので、日本人相手に日本語で仕事をするわけではありません。片言の英語を使い、海外の人と打合せすることは、人によってストレスと感じられるかもしれません。理念のとおり「自在性」と「俊敏性」を備えていく覚悟がないと少し大変なのかもしれません。

PAGE TOP